choro-Q.jpg

ビートチョロQについて



20世紀後半当時、巷で密かなブームになっていた株式会社タカラ(現タカラトミー)の「チョロQ」に魅せられた私、RSmach代表清松は旧知の間柄であった共通の趣味人の(資)ロデム代表とビートのチョロQが世に存在していなかったことが残念でなりませんでした。
欲しい! ビートのチョロQが欲しい。しかし、生産が終わったばかりのビートのチョロQを作ってくれるはずはありません。

ビートが誕生した平成3年前後はチョロQ自体の新車開発が停滞していたようで、カプチーノやAZ-1等の他の軽スポーツ達も世に出されることは無かったのです。
無いのであれば㈱タカラと交渉して自分達がクライアントとして特注で制作してもらったら・・・と考えるようになり、当時からお世話になっていたアイアイアドカンパニー大阪店の店長さんに相談しました。そして、すぐにビートチョロQ化計画がスタートしました。

当時は毎週のように定休日の木曜日には大阪に出向いて行き、打ち合わせ等をこなしました。
まず見積が出てきましたが、チョロQという極く小さなモデルの金型制作費用としては想像を絶するような金額でした。
冗談抜きでS2000の新車の値段と変わらないぐらいの金額で、しかも最少ロットは1万個!・・・。当時チョロQはかなり人気が出てきていたので、仕方ありません。
今度は作っても大丈夫かな? 果たして買ってもらえるだろうか? と不安ばかりが先立ちます。
1人ではおそらく無理だったと思いますが、失敗してもモノで残るし、今自分達で納得の出来るビートチョロQを作らないと別の誰かに先を越されて後悔するに決まっている・・・とロデム代表と決心し計画を実行に移しました。

㈱タカラのチョロQの原型を制作されている方もかなり気合いを入れていただいたようで、そこからは図面化、樹脂切削による原型の制作とスムーズに事が運びました。
当然100%任せっぱなしということではなくリアルさを追求する為、細かく要望を出しました。
バンパーやフロントウィンドウは別パーツにしてほしいとかヘッドライトとフロントウィンドウは塗りではなくクリアにしてほしいとか・・・。

今にして思えば、特注チョロQの原型制作にこれだけ口を挟んだクライアントはいなかったんでしょうね。それが前述のように功を奏したのかもしれません。
ほどなくして最初の金型が完成し、テストショット品が届いた時は本当に嬉しくて感動したことを覚えています。
どこからどう見てもビートです。しかもカワイイ! そして細かいところが実車に忠実に再現されている。(当たり前のことですが、当時はどこかのメーカーの販促品の車種不明みたいな稚拙な出来映えのチョロQも多かったのです。)
不満が全く出ない程の素晴らしい完成度でしたので、当然これでお願いしますとなった訳ですが、好事魔多し! 試作品が玩具協会の破壊試験で不合格になりました。

チョロQはあくまでも玩具ですので、小さいお子さんが遊んでいて少しの衝撃等で割れたりしてはいけないそうで、例のリアルさを追求した別パーツのフロントウィンドウが簡単に壊れてしまうということが不合格の理由でした。
残念でしたが、改良しないと販売できないのでフロントウィンドウは固定パーツに変更して、完成に至った訳です。

完成目前となったビートチョロQですが、もうひとつ大きなハードルを越えなければなりませんでした。
それは株式会社本田技研工業(以下ホンダ)にビートチョロQの販売許可といいますか、商品としての承認を得なければならないということでした。
幸いアイアイアドカンパニーさんがホンダとそれまでに何度も交渉されていて慣れられていたということと、RSmachとしてもそれまでに特注トミカで何度が承認を貰っていたのでその時点ではスムーズに承認されました。

後日談ですが、ホンダの関連会社のHDC(ホンダダイレクトマーケティング)がホンダ車のチョロQのセットを販売する計画があってビートも候補に挙がっていたそうで、もう少し我々の計画が遅ければ断られていたかも? ということでした。
リリース後はとても多くの実車派の方々やミニカーコレクターの方々から支持していただき、カーニバルイエロー=Y、フェスティバルレッド=R、ブレードシルバーメタリック=S、クレタホワイト=W、バージョンF、C、Zと何とか全色を作り終えることが出来ました。
( ※ カーニバルイエロー=Y は完売致しました。)

アルミホイールが標準装備だったバージョンF、C、Zはホイールの色も変更する等、ぬかりはありません。
「無いモノは作る」という熱い精神を具現化した「ビートチョロQ」をまだお持ちでないビートファンの方には是非1台手にしていただき、その熱い精神を少しでも感じ取っていただければと願っています。

ビート チョロQ 単品

(R=赤 W=白 S=銀 F=Ver,F C=Ver,C Z=Ver,Z)

種類 : 各定価 : ¥1,200 (+消費税) 数量 :

DIARY

RSマッハ

rsmach-logo2.gif

  • 住所:〒639-1042
  • 奈良県大和郡山市小泉町2731
  • TEL:0743-21-3068
  • FAX:0743-21-3095
  • LinkIconお問い合わせはこちら
  • 営業時間:13時〜17時頃(不定)
  • 休日:毎週木曜日・第3水曜日&イベント・レース日

RSマッハのホームページについて


営業科目

ホンダ ビート(HONDA Beat),トゥデイ(HONDA Today),インサイト(HONDA Insight)用車高調整式サスペンションやローポジションシートレール,ダイハツ エッセ(DAIHATSU ESSE)用のステンレス製のスポーツエアクリーナー・スポーツマフラーや車高調整式サスペンション・軽量フライホイール等や国産旧車に良く似合うマッハやチェックマンのレプリカステアリングホイールのオリジナルパーツ企画・製造・販売


RSマッハ地図


LinkIconAccess Map

rsmach-map.gif

rsmach.net

banner-icon180.gif

My Auction

auction.gif