ホンダ ビート シフト関係パーツ 取付説明書


※展開図のグリースマーク部にグリースを塗布して下さい。

①シフトノブを外し、バワーウインドゥスイッチを外して、センターコンソールを留めている前後左右のタッピングビス4本を緩めてコンソールを取り外します。

② ピロロッドエンドを交換する場合は6mmの各ロックナットを緩めておきます。各6mmロックナットは右ねじです。(シフト側とセレクト側で緩める方向は異なりますのでご注意下さい)
セレクト側ワイヤーのピロ部の割りピンを抜いてワッシャーを外しておきます。

③チェンジレバーブラケット右側のセレクト側ワイヤーが付いているリンケージを留めている8mmのナットとワッシャーを外し、リンケージを横にずらして下さい。

④チェンジレバーとブラケットを留めている6×65mmのボルト&ナットを緩めて抜き取り、レバー本体を上方に持ち上げてレバー下部のシフトワイヤー側ピロ部の割りピンを抜いて、ワッシャーとピロ部を外してレバー部を取り外して下さい。
 クイックシフトに交換する場合は純正レバーのパーツを全て組み換えて下さい。
 レバー部の横に付いているプラ製の四角いパーツはスリット部に細いマイナスドライバーを入れて広げながら引っ張って外して下さい。組み付けは押し込むだけです。

⑤展開図の○印のシフトワイヤーホルダー固定用の6mmのボルトとワイヤーをブラケットに留めているウェーブワッシャー2枚を取り除いてシフトワイヤーがある程度フリーになるようにして下さい。
 ウェーブワッシャーは大きめのマイナスドライバーなどでつばの部分をこじれば、動いて抜きやすくなります。

⑥チェンジレバーマウントブッシュを交換する場合は、チェンジレバーマウントブラケットを固定している4本の8mmワッシャーボルトを緩めて外して下さい。
 マウントブッシュの交換に際しては上側のブッシュには向きがあります。
 穴の周りに逃げのある方を下に向けて下さい。
 純正のゴムや金属製のカラーは再使用しません。
 8mmワッシャーボルトを再使用して締め付けます。

⑦シフト側ワイヤーのピロロッドエンドを交換する際は純正レバーやNEWタイプのクイックシフトレバーの場合は付属の平ワッシャーと割りピンで固定し、Eリング方式の旧タイプのクイックシフトレバーの場合はEリングのみで固定して下さい。(固定は一番最後が良いです)

⑧各手順で外したボルト類等を元通り組み込んでいき、シフトレバーのニュートラル位置でワイヤー2本に無理な力がかかっていないか確認して下さい。
ピロエンドのネジ部の出し入れで長さ調整が可能です。問題無ければ、コンソール類やシフトノブ等を元に戻して下さい。










ホンダ ビート シフト関係展開図

写真のコメント

写真のコメント

写真のコメント

写真のコメント

DIARY

RSマッハ

  • 住所:〒639-1042
  • 奈良県大和郡山市小泉町2731
  • TEL:0743-21-3068
  • FAX:0743-21-3095
  • LinkIconお問い合わせはこちら
  • 営業時間:13時〜17時頃(不定)
  • 休日:毎週木曜日・第3水曜日&イベント・レース日

RSマッハのホームページについて


営業科目

ホンダ ビート(HONDA Beat),トゥデイ(HONDA Today),インサイト(HONDA Insight)用車高調整式サスペンションやローポジションシートレール,ダイハツ エッセ(DAIHATSU ESSE)用のステンレス製のスポーツエアクリーナー・スポーツマフラーや車高調整式サスペンション・軽量フライホイール等や国産旧車に良く似合うマッハやチェックマンのレプリカステアリングホイールのオリジナルパーツ企画・製造・販売



RSマッハ地図



LinkIconAccess Map

rsmach.net


My Auction