ホンダ ビート オイルキャッチタンク 取付説明書



・エンジンとエアクリーナーの2箇所のメンテナンスリッドを外して下さい。
                  
・エアクリーナーのメンテナンスリッドを外した後の車体側の右側の上下2個のプライヤーナットを取り除いて下さい。
                                                    
・エンジンのヘッドカバーから出ているブローバイホースを抜いて付属のホースを挿して下さい。

・ブローバイガスを大気解放させる場合は、エアクリーナーケース側のホースの差込口に付属のゴムキャップを取り付けて下さい。
                                                          
・キャッチタンクに付属のホース差込口とシーリングプラグを取付けます。         
 この際キャッチタンクのホース差込口は大気解放させる場合とブローバイガスをエアクリーナーのケースに戻す場合とで方向を変更できるように設計しています。
 任意の位置に差込口を装着し、使用しない穴をシーリングボルトで塞いで下さい。 

・キャッチタンク部とステーを留めているボルトを本締めし、純正のエアクリーナーのメンテナンスリッド部のプライヤーナット2個をキャッチタンクステーに取付けて下さい。

・付属のハンドノブを使用してメンテナンスリッドと共締めして固定して下さい。
 この際にねじ仕置が合いにくい場合は、メンテナンスリッド無しで一旦取付けてみてから、再度共締めして下さい。  
                                                                
・キャッチタンクが固定できれば、ホースをキャッチタンクのどちらかの差込口に付属のバンドを利用して固定して下さい。
 ホースは長めになっていますので、適当な長さにカットして下さい。

・ブローバイガスを大気開放させる場合は余ったホースを邪魔にならない所へ固定して下さい。
 ブローバイガスを還元させる場合はエアクリーナーケースに戻して下さい。

・付属のタイラップでホースを固定して下さい。 
                      
・エンジンのメンテナンスリッドを元に戻して完成です。                                  


注意!                                                                                   
・このキャッチタンクにはドレンボルトは付いていませんので、オイル等が溜まった場合は、一度タンクを外して、オイルを捨てて下さい。
                        
・ブローバイガスを還元しない状態では車検には通りませんので、ご注意下さい。                                                      


DIARY

RSマッハ

  • 住所:〒639-1042
  • 奈良県大和郡山市小泉町2731
  • TEL:0743-21-3068
  • FAX:0743-21-3095
  • LinkIconお問い合わせはこちら
  • 営業時間:13時〜17時頃(不定)
  • 休日:毎週木曜日・第3水曜日&イベント・レース日

RSマッハのホームページについて


営業科目

ホンダ ビート(HONDA Beat),トゥデイ(HONDA Today),インサイト(HONDA Insight)用車高調整式サスペンションやローポジションシートレール,ダイハツ エッセ(DAIHATSU ESSE)用のステンレス製のスポーツエアクリーナー・スポーツマフラーや車高調整式サスペンション・軽量フライホイール等や国産旧車に良く似合うマッハやチェックマンのレプリカステアリングホイールのオリジナルパーツ企画・製造・販売



RSマッハ地図



LinkIconAccess Map

rsmach.net


My Auction